骨粗鬆症の治療方法をチェック|骨の健康診断

困る
このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病は検査が大切

女性

健康診断などで血糖値が高いと指摘された方は内科で再検査を受けましょう。内科での健康診断では随時血糖検査・空腹時血糖検査・Hba1cなど職場の健康診断よりもより詳細な検査が可能となっています。血糖値が一時的に上昇した状態などであれば適切な処置を行うことで糖尿病を回避することもできるので再検査を指示された方は必ず内科を受診しましょう。またすでに糖尿病と診断されている方は定期的に内科で検査が必要となります。糖尿病は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。しかし糖尿病と診断された場合にはすでに膵臓化から分泌されるインスリンの量も大幅に減少しているのでインスリン注射による治療を行う必要があります。そのため糖尿病と診断されている方は自覚症状が無くても内科で医師の指示による治療を開始することが大切となります。

糖尿病は進行すると様々な合併症を発症するようになります。初期の段階では皮膚のかゆみやしびれなどを感じるようになりますが、これらは神経障害が少しずつ進行している兆候でもあります。しだいに症状が進行するにつれ糖尿病網膜症や緑内障などのほか腎臓病や肝臓病などあらゆる臓器に障害がみられるようになります。これらの障害は完全に防ぐことは難しいのですが、内科でしっかりと治療を続けることにより大幅に症状の進行をコントロールすることができます。新宿の内科ではこの糖尿病の治療や検査に力を入れています。交通アクセスに恵まれた新宿であれば、なかなか検査を受けることができない方でも仕事帰りなどに検査を受けることができます。またすでに症状が進行してしまい交通機関などでの通院が難しい場合でも新宿の内科であれば送迎バスなども利用できるので安心して通院することができます。糖尿病の検査や治療はこまめに行うことが大切です。すでに発症している方はもちろんのこと血糖値が高いと指摘された方は、新宿の内科で糖尿病対策を行うようにしましょう。