骨粗鬆症の治療方法をチェック|骨の健康診断

困る
このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の特徴を知ろう

カウンセリング

初期症状を知る

がんのなかでも十二指腸がんは、小腸の一部の十二指腸にがんが発生するもので、発生率はあまり多くないとされています。そして、どんな病気も早期に発見することが大切ですので、初期症状も知っておきたいですが、他のがんと同じく、十二指腸がんも初期ではこれといった症状が出ないことが多くなっています。進行していくと体重の減少、腹痛、吐き気、下痢などの症状が出てきます。その発生の原因についてはよくわかっていないものの良性の腫瘍であるポリープががん化することが多いとされています。検査方法については腫瘍マーカー、内視鏡検査、腹部CT、MRI検査、造影検査などが行われています。早期で十二指腸がんが見つかった場合は切除での治療が原則となります。

予防するには

十二指腸がんも初期で見つかった場合は早い改善も期待できますが、発見が遅れた場合は手術も難しくなりますし、他の部位に転移してしまうこともあります。それゆえ健康診断はできるだけこまめに行い、早期発見、早期治療が行えるようにしておきたいところです。かなり進行している場合も最近では免疫細胞療法など体に負担の少ない治療も登場していますので、それぞれの症状に合う治療を選んでいきましょう。そしてポリープからがんになってしまうことも多いので、ポリープを作らない工夫も必要です。食事内容も見直し、刺激物や熱すぎるもの、冷たすぎるものは避けるようにしたいところです。さらにタバコやアルコールも胃腸にはよくありませんので、過剰に摂取しないことも大事です。